M1アストレイ

M1アストレイ

  • 機体種別:MS
  • 型式番号:MBF-M1
  • 登場シリーズ:SEED
MS/MA/SFS名 サイズ ランク 運用制限 備考 解放条件 必要G
M1アストレイ M D     歩むべき道 EXのクリア 105,000
  • 機体情報
オーブのモルゲンレーテ社が開発した量産型MS。
第1期GAT-Xシリーズのデータを基に開発し、信頼性や整備性を呼応上させている。ナチュラル用のOSは
オーブを訪れていたアークエンジェル隊のキラ・ヤマトの協力で最適化された。

機体性能

SPA CRITICAL BLOW
TP 14,551 RANK D SIZE M
HP 2300/4100 実弾防御 20/35 ビーム防御 16/40
機動性 29/44 スラスター出力 31/52 スラスター速度 37/50
レーダー性能 30/42 バランサー 29/49 旋回速度 25/40

兵装性能

兵装種別 兵装名 威力or耐久力 命中率 連射回数 弾速 リロード速度 弾数
BM BEAM RIFLE 220/287/387/570 13/40 2/3/4/5 17/49 21/50 10/14/16/18
- NONE - - - - - -
- NONE - - - - - -
SD IGELSTELUNG 18/27/33/46 - - 17/42 13/51 30/40/65/85
GR BEAM SABER 220/320/385/558 12/33 - - - -
SH ANTIBEAM SHIELD 690/1830 - - - - -

特徴

1~2の差異はあれど機体性能・兵装種類・兵装性能の全てがストライクダガーと酷似している。
明確な相違点は格闘フォーム位の物で、横に振り回す分こちらの方がやや攻撃範囲が広い。

あちらとの使い分けは完全に好みの域になる。

機体背景

オーブ首長国連邦の量産型MS。「アストレイシリーズ」の制式量産型に相当する。
アストレイシリーズやGAT-Xシリーズの開発データを参考に、集団戦闘や迎撃戦闘に向く様設計されている。
名前の"M1"は"Model-1"の略称。

初登場は原作第27話「果てなき円舞」。
MS自体は完成していたが肝心のナチュラル用サポートOSを欠いており、「的」と評される程度の機動しか出来ない状態であった。
そんな中である時アークエンジェルがザフト軍の追撃を逃れて寄港する。その船体を修理する間キラに技術協力を仰いだ結果
見違える様な動作成長を遂げ、晴れて前線に立てる様になった。

その後行われた地球連合軍の「オーブ解放作戦」では迎撃戦を展開し、量産機として立派な戦果を上げて見せた。

ラゴゥ M1アストレイ ガンダムエクシア

  • 最終更新:2013-06-18 20:44:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード