ブリッツガンダム

ブリッツガンダム

  • 機体種別:MS
  • 型式番号:GAT-X207
  • 登場シリーズ:SEED
MS/MA/SFS名 サイズ ランク 運用制限 備考 解放条件 必要G
ブリッツガンダム M B CD/BM専用   キラ・ヤマト(私服)雇用 272,000
  • 機体情報
大西洋連邦とモルゲンレーテ社が開発した第1期GAT-Xシリーズ5機の内の1機。
レーダーだけではなく、目視すらも不可能になる"ミラージュコロイド"を装備しているが、"ミラージュコロイド"展開中は
PS装甲が機能しないという弱点も持つ。

機体性能

SPA CRITICAL BLOW
TP 17,799 RANK B SIZE M
HP 2500/4100 実弾防御 25/49 ビーム防御 21/45
機動性 38/53 スラスター出力 41/62 スラスター速度 44/61
レーダー性能 31/54 バランサー 32/50 旋回速度 37/52

兵装性能

兵装種別 兵装名 威力or耐久力 命中率 連射回数 弾速 リロード速度 弾数
BM BEAM RIFLE 315/380/442/592 16/37 2/3/4/5 16/48 17/41 10/12/15/20
SD LANCER DART 320/391/483/654 10/40 - 1/47 26/55 3/6/9
- NONE - - - - - -
SD GLEIPNIR 240/279/308/375 16/37 - 15/47 27/50 3/4/6
GR SHIELD SABER 220/318/417/578 16/43 - - - -
SH SHIELD 750/1980 - - - - -

特徴

原作同様ミラージュコロイドによるステルス効果を持ち、発現時は機体が半透明になる。しかしこのゲームのステルス効果は攻撃どころか
地面から足を離したしただけで効力を失う為、基本飛び回る自機ポジションでは有効に働く事が少ない。
また、(機体情報通りではあるが)ステルス状態の時は本当にPS装甲がOFFになっている。「ぼーっとしていると勝手に防御が剥がれる」という
致命的な欠陥だが、「ガードがPS装甲に上書きされないので防戦時も安定してPS装甲を回復出来る」とも取れる。
因みにステルス状態の本機を通した景色からは水関連のエフェクト(水面・濁り)が消滅しており、水上から水中の様子をはっきりと見て取れる。

主兵装2の「ランサーダート」は高弾速で威力はそこそこ(320~654)、直線軌道かつ誘導微弱でボタン押し続けによる連射が効く。足こそ止まるが
気絶効果を持つ為、マシンガンと違ってダウンによる逃げを許さない。それ故1本刺さった時点で残り全ての命中が確定する。
弾数を増やして一気に針山にするも良し、SPを稼ぐ為に間を置いて1本ずつ刺し込むも良し、合間合間の足止めに使うも良し、と用途は多い。
欠点は実弾属性なので貴重な気絶効果をPS装甲に防がれてしまう事と、予測射撃が過敏気味で動いている敵に連射2発目以降が殆ど当たらない事。

副兵装「グレイプニール」はソードストライクガンダムの「パンツァーアイゼン」と全く同じ兵装で、Lサイズ以上の機体(サザビーΞガンダム
MA類等)を誘引出来ない所まで共通している。

SPAは「グレイプニール」を構えての突進。単発ではなく何度も突いて回るタイプなので命中率は悪くない。
他の同種SPAと違い、「SPA終了時に後方へ3回ワープしてミラージュコロイドを展開する」という特徴を持つ。ワープ先が空中だった場合は
ミラージュコロイドを展開しない。このワープの距離は長く、遮蔽物が無ければ敵が復帰する前に中距離以遠まで逃げられる程。加えて
ステルス効果により一時的に自機の被ロックを外せるので逃亡能力は本作随一。

格闘は2段目までしか無く威力も低い為、弾切れの中継ぎ位にしか使う機会は無い。

ソードストライクガンダムそっくりの奇特な兵装を揃えているが、こちらは射撃の弾道が正直で格闘が貧弱な分射撃戦がメインになる。
「ランサーダート」とビームライフルを絡めた射撃戦を展開し、許した接近はSPAでリセットする…という様に立ち回ると良い。

機体背景

ヘリオポリス襲撃の際にニコル・アマルフィに接収され、そのまま彼の乗機となる。

宇宙要塞アルテミス攻略戦では「ミラージュコロイドシステム」を用いて監視網を突破し、アルテミスの光学防壁発生装置を破壊するという活躍を見せる。

原作第11話「目覚める刃」ではステルス効果を破られつつもアークエンジェルへの密着に成功する。しかしこの王手が逆にキラのS-E-E-D覚醒を
促す結果となり、撤退を余儀なくされる。

第29話「さだめの楔」において、フェイズシフトダウンにまで追い詰められたアスランを庇ってストライクに突撃を仕掛けるが、その攻防の末コクピットに
致命の一斬が入ってしまう。全てが停止した一瞬の後に本機は爆散し、その光景と事実は強烈にキラとアスランの脳裏に焼き付く事となった。

「HD REMASTER PROJECT」のスタッフインタビューにてこの突撃時のニコルの心情が語られており、「この時既にストライクを倒せるとは思っておらず、
ストライクの動きを最悪抱き付くなりして封じ、その間にアスランが逃げられればいいと考えていた」と述べられている。
(SEED HDリマスターサイト「チーフメカ作監 重田 智氏が語る ここが変わった!機動戦士ガンダムSEED HDリマスター 第2弾」より)

この戦闘でストライクに切断された右腕は、後に「アストレイゴールドフレーム天(アマツ)」へと移植される事になる。

バスターガンダム ブリッツガンダム ストライクダガー

  • 最終更新:2013-06-25 02:19:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード