ガンダム試作1号機

ガンダム試作1号機

  • MS:RX-78GP01 ガンダム試作1号機
  • 登場シリーズ:U.C.0083

MS/MA/SFS名 サイズ ランク 備考 必要G 解放条件 備考2
ガンダム試作1号機 M B   441,600 熱砂の攻防戦  
  • 機体解説
ガンダム開発計画で立案された試作1号機。より人間に近い運動と稼動が機体コンセプトであり、この設計思想が、後の時代にムーバブルフレームとして昇華する。パイロットの生還率を確保するためコアブロックシステムが採用されている。
  • 備考
原作とは違って宇宙でも何の問題もない。恐らく宇宙用の調整をしているからだと思われる。ただSPAの相性がノイエ・ジールとは最悪なので注意。5回使用するとフルバーニアンが購入可能に。

機体性能

SPA MAXIMUM SHOT
TP 15,099 RANK B SIZE M
HP 2400/3900 実弾防御 19/40 ビーム防御 16/35
機動性 20/44 スラスター出力 35/51 スラスター速度 31/46
レーダー性能 24/47 バランサー 22/52 旋回速度 24/42

兵装性能

兵装 兵装名 威力or耐久力 命中率 連射回数 弾速 リロード速度 弾数
BM BEAM RIFLE 352/ 14/ 50/ 15/ 20/ 14/
BM BEAM RIFLE 589/ 10/ 1/ 12/ 25/ 26/
SD BULLPUP MG 63/ - - 16/ 21/ 12/
SD HEAD VULCAN 28/ - - 17/ 14/ 24/
GR BEAM SABER 341/ 19/ - - - -
SH SHIELD 900/ - - - - -

余談

オリジナルのデザインは河森正治。河森によると河森のアイデアは演出家によってほとんどボツにされてしまい、ガンダムのデザインはフラストレーションがたまる仕事だったそうだ。笑い話として河森のアイデアに対して演出家が「それは『ガンダムセンチュリー』に書かれている設定と違うからボツです」と言ったのに対して河森は「『ガンダムセンチュリー』でその設定を書いたのは俺だよ」と答えたそうだ。

  • 最終更新:2017-09-08 23:21:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード