ガンダムエクシア


ガンダムエクシア

  • 機体種別:MS
  • 型式番号:GN-001
  • 登場シリーズ:00
MS/MA/SFS名 サイズ ランク 運用制限 備考 解放条件 必要G
ガンダムエクシア M S GM専用 飛行可能    
  • 機体情報
"セブンソード"の開発コードの意味する通り7本の剣を持つソレスタルビーイングの近接戦闘用MS。
対ガンダム戦闘も考慮されており、GNフィールドをも切り裂く事が出来る実体剣を装備している。
トランザムシステムは短時間、機動性を大幅に引き上げる。

機体性能

SPA CRITICAL BLOW
TP 23,547 RANK S SIZE M
HP 4500/6900 実弾防御 49/67 ビーム防御 47/58
機動性 56/72 スラスター出力 55/65 スラスター速度 57/68
レーダー性能 43/66 バランサー 50/68 旋回速度 54/68

兵装性能

兵装種別 兵装名 威力or耐久力 命中率 連射回数 弾速 リロード速度 弾数
BM GN BEAM RIFLE 392/516/570/704 26/42 3/4/5/6 31/59 27/62 18/23/28/32
- TRANSAM - - - - 1/44 1
- NONE - - - - - -
BM GN BEAM DAGGER 596/711/800/930 21/37 - 24/48 1/55 2/3/4
GR GN SWORD 566/829/911/1072 27/49 - - - -
SH GN SHIELD 1500/2280 - - - - -

特徴

射撃・格闘兵装が総じて高い水準に纏まっており、中距離以近では安定して戦える。

主兵装1の「GNビームライフル」は弾数が多く(18~32)、本機の射撃戦において中心的な立ち位置を占める。

副兵装の「GNビームダガー」はエールストライクガンダムの副兵装「アーマーシュナイダー」と非常に似た兵装で、高い誘導性能や当たった敵を必ず
ダウンさせる性質を同じくしている。
基本的な使い勝手は全く同じだが、こちらはビーム属性なのでIフィールドに弾を阻まれてしまう(あちらはあちらでPS装甲に防がれるが)。
また、連射が効かない為連続で使用する場合は逐一投擲モーションを挟む事になる。

そして主兵装2の「トランザム」は、使用すると「機動性」と「スラスター速度」のステータスが2倍程度まで跳ね上がる(故に機体性能が高ければ高い程
到達する速度域も高くなる)。持続時間は30秒で、リロード時間が非常に長い。
移動速度のみを変貌させる本兵装の主な利点は、まず絶対的に「被弾率が下がる」。彼我の性能差如何では弾を引き離す事すらある程。
加えて敵を置き去れる程の速度差が生まれるので、戦闘距離を自由に切り替える事が可能となる。このポイントはプレイヤーの意識が近接戦寄りに
なりがちな本機に対しては非常に有効で、「懐への切り込み」や「カウンターからの脱出」といった格闘前後の動作を常軌を逸する速度で強引に行える。
しかし前述の通り発動中の機動性・スラスター速度は各性能を参考にする為、元からチューン値が最大近くの状態で使用すると「速過ぎて」敵の近くに
留まれず、空間を広く使った翻弄する様な戦闘を半ば強制される。
発動中は機体が赤く発光しガンダムF91と同様の残像を発するが、これは原作再現上の演出でありロックを引き寄せる効果は無い。
こういった「覚醒」じみた機能は総じてSPAに収まりがちだが、本機以下5機の「トランザムシステム」に限っては兵装の形で任意発動する事が出来る。
SPゲージの顔色を窺わずに済むのは大きな利点だが、兵装の選択ミスによる暴発にはくれぐれも気を付けよう。

格闘兵装の「GNソード」は本機がゲストタイトルの顔MS且つ格闘機の設定を持つ為か、非常に高い威力(566~1072)を持つ。
通常格闘初段に掛かった誘導も非常に高く、攻撃方法としては大いに有用。
原作通りに収納形態が再現されているので、射撃・格闘を切り替える時は抜刀・納刀モーションを通る必要がある。
尚、本作本機の攻撃では「GNショート/ロングブレイド」は使用されない。

SPAは「GNソード」で行う多段突き。最終段で相手を吹き飛ばす。
威力こそ高めだが突進距離が短い上に誘導が弱く、一度外すと空撃ちは必至。特に上下への喰い付きは絶望的で、発動を見てからでも少しのジャンプで
躱せて(躱されて)しまう。空中戦の最中に繰り出す場合は必ず高度を合わせよう。

機体性能はチューン無しの時点で極めて高い水準にある為、最初からカスタマイズを個々のスタイルに合わせられる。
兵装に関しても非凡な弾数のビームライフル・奪ダウン性能の高い副兵装・高威力の格闘に加えてこれらの運用を補助する「トランザム」……と上手く
噛み合っている。
「エクシアだから」と格闘一辺倒に陥らず、適度に飛行形態や射撃兵装を頼るとより性能を引き出せる。

その他

OOのシチュエーション内では主兵装2の「トランザム」がロックされており、シチュエーション「刹那」をクリアするまでは使用出来ない。

機体背景

ソレスタルビーイングによって運用されたGNドライヴ(太陽炉)搭載型MS「ガンダム」の内の1機。GNドライヴ搭載型MSとしては第3世代に当たる。
"セブンソード"の開発コードを持ち、「GNロング/ショートブレイド」・「GNビームサーベル」×2・「GNビームダガー」×2・「GNソード」という5種7本の
斬撃兵器を有している。

本編第01話「ソレスタルビーイング」にて初登場。AEU領内軌道エレベータ「ラ・トゥール」近隣で行われたMS・イナクトのデモンストレーションに
単機で介入し、最新鋭機たるイナクトを圧倒する。

第22話「トランザム」において被撃墜の危機に陥るが、時を同じくして量子コンピュータ「ヴェーダ」がハッキングに対するシステムトラップを作動
させた為、それに連動して機体ブラックボックス内の「トランザムシステム」が解放される。

「機動戦士ガンダムOO 2nd season」においても、「ガンダムエクシアリペア/リペアⅡ」として2度、登場した。

M1アストレイ ガンダムエクシア GNアーマー(エクシア)

  • 最終更新:2015-09-21 17:08:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード